被相続人の死亡によってその財産は相続人のものとなりますが、複数の相続人がいる場合は自動的に分割されることはなく、場合によっては家族間の紛争原因となります。遺産分割を行う方法には、遺言、協議、調停、審判の4種類があり、まず最初に遺言書の有無を確認します。そして相続人の徹底調査を行い、全相続人を確定します。同時に相続財産の確定と評価をして財産目録を作成します。

 

遺言があって分割の内容等の指定がある場合は、原則としてその内容に従って遺産分割がされます。しかし遺言に指定がないときは相続人全員で協議を行い、具体的な遺産分割を決定します。ここで重要なことは相続人全員の合意が得られないと成立しないことです。

 

問題なく協議がまとまればよいのですが、相続人が一人でも欠けているときや、一人だけが反対している場合は無効となり、家庭裁判所に調停の申立てをして、さらに合意が得られないときは審判を申立てます。審判での最終的な決裁は裁判官が行います。遺産分割協議は話し合いで相続人全員が納得すれば、どのように分割しても問題はありません。遺言の内容と異なる分割でも、法定相続分と違う分割でもかまいません。ただ、全員の合意が必要で多数決は無効となります。