現物分割について

| 未分類 |

現物分割とは遺産相続の時に、相続の財産を売却して現金化しないで直接分け合う方法です。

 

 

それで現物分割のメリットですが、売却をしないから売却時に評価額より安く売ったり、譲渡所得税を払わなくていいから、評価額で財産を分け合うことが出来ます。そして売却をする場合も売却のタイミングを選ぶことが出来ます。さらに不動産の場合は不動産を持分で分割する共有名義にも出来ます。

女性01

 

デメリットは不動産は持ち運べないし、動産でも不要扱いされれば売却しかないです。そして現金ではないから相続税を払う資金を確保するのが大変になります。それで現金が欲しい人は代償分割の方を選択するので、資金が多い者ほど有利な相続が可能になります。

 

 

現物分割は分割しやすいメリットが有る反面、公平に分割しにくいデメリットが有ります。それでどうしても他の分割方法と併用で使わなければならないです。そして評価額の決め方も市場価格よりも安く判断される為、現物を多く取得出来る者ほど有利になるデメリットが有ります。

 

 

ただ実際に現金化する時にいくらになるかわからず、必ず現物が有利になるとは限りません。だから財産分割で現物を多く取得しても、必ず有利とは限らないということです。