相続登記に必要な書類の種類

| 未分類 |

相続登記に必要な書類の種類としましては遺言書の有無によりまして違いが生じます。女性10

 

遺言書が無い場合におきましては、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍と住民票の除票が必要で、なおかつ遺産分割協議によりまして相続割合を定める場合と法定相続により相続する場合で違いが生じるものなのですが、相続人に関する書類としましては遺産分割協議により定めた場合には相続人全員の戸籍謄本と遺産分割協議書と協議結果における相続する人の住民票と相続人全員の印鑑証明書が必要であります。

 

それからその他に必要な書類としまして固定資産評価証明書があります。法定相続分割合にて相続する場合におきましては相続人に関する部分は相続人全員の現在の戸籍謄本と相続人全員の住民票が必要であります。遺言書がある場合におきましては被相続人に関しまして相続登記に必要なものとしましては遺言書と死亡時の戸籍謄本と住民票の除票とされており、相続人に関するものは遺言により相続する相続人の現在の戸籍謄本と住民票が必要で、その他としましては固定資産評価証明書が必要となっております。

 

 

また遺言によりまして相続人以外への第三者に対する遺贈にも触れますと、その場合には登記識別情報が新たに必要となります。