法定相続分どおりに相続する方法

| 未分類 |

ある人物が死亡した場合には、その人物の財産は相続によって相続人へとその所有権が移行されます。その際には民法で定められている割合で相続人で財産を分け合うことになります。もしも、相続する財産が預貯金などの現金や、株式などの有価証券であれば相続人同士でそれぞれの取り分に従った財産の分割が容易にできますが、土地や建物などの不動産が相続財産として遺された場合、その分割方法をめぐってトラブルが生じてしまう可能性があります。

 
土地や建物などの不動産は高額なものであり、容易に売却をするというわけにもいきません。そのような場合には不動産を相続する人物が他の相続人の法定相続分に応じて現金を支払わなくてはなりません。しかし、それだけの金額を支払う金銭的な余裕がない場合には不動産を売却して分割しやすい現金に換える必要が生じます。

 
不動産を売却することが難しい場合には相続人全員の同意を得た上で不動産を売却し、その代金を相続人がそれぞれの法定相続分に応じて受け取ることになります。

 
もしも、相続によって不動産を売却しなければならなくなったときには、事前に相続登記をしておかなければなりません。相続によって継承した不動産は手続きなしであってもその所有権は相続人に移行されます。しかし、名義が以前の所有者のままであるため、そのままでは不動産の売却をすることができないからです。