やり方について

| 未分類 |

相続財産の対象は現金、預貯金などから自宅、土地、車など均等に分けられないものまで多様です。故人が遺言書を残し円満に遺産分割協議を終えれば問題はありません。しかし死後の家族のことを真剣に考えることは少なく、相続人が複数いる場合、全員が納得した形で遺産分割できるかが重要なポイントとなります。具体的には「現物分割」「換価分割」「代償分割」の3つの方法があります。

 

他に「全部分割」が通常ですが、事情のため一部の財産を残して分割する「一部分割」がありますが将来にトラブルを残すため望ましくはありません。現物分割は遺産を現状の姿で分割し、相続財産の共有関係を解消した基本的な形です。換価分割は遺産を金銭に換価して、その代金を分割する方法です。現物分割が不可能なときや、現物分割をすると遺産の価値が下がってしまう場合などにとる方法です。

ビューティー12

 

また現物分割を併用することでより公平な遺産分割が可能となる場合もあります。代償分割は現物を取得する相続人が相続分より多くの遺産を取得するため、金銭を支払うなどしてその過不足を調整することです。ただ、現物を取得した相続人に不足分を支払う能力がないときには適当ではなく、他の方法をとらざるを得ません。