遺産分割協議で決めたに必要な手続き

| 未分類 |

遺産を相続する場合、法律で定められた分割方式で行うことも珍しくありませんが、実際の手続きとなると遺産分割協議書を作るのが現実的です。

 
たとえば、個人の銀行預金を分割でおろすときなどは、もちろん個人と相続人たちの関係や関係者の血縁関係図なども必要になりますが、遺産分割協議書がないと話になりません。遺産分割について協議して決めたという証拠だからです。

 
これが作られていなしと、関係者が署名捺印した証拠となる文書の提出(たとえば、放棄しますなど)が求められ、面倒な手続きになります。
遺産分割協議書は、相続の権利がある者全員で協議し(主な相続人が原案を作り、関係者の承認を取るでも大丈夫ですが)、その内容を書面にし、全員が署名捺印する必要があります。

 

 

注意点は、実印が必要ということ、当然ながら印鑑証明書の添付も必要になります。

 

 

署名捺印しますが、住民票や謄本も求められるので、現住所表示や証明書との関連で落ちがないようチェックしておくことも大事です。

 
不動産の相続で登記なると、評価証明とか登記簿謄本とかも必要になりますが、遺産分割協議書の記載事項と証明書とで物件の表示方法が異なっているとやり直しになってしますこともありますので、そういう点はあらかじめ点検・確認しておく必要があります。
作成する前に、銀行の担当責任者や司法書士に目を通してもらうことが現実的な対処の方法になります。