遺贈の場合の違いとは

| 未分類 |

遺言書、遺言とは、遺言者の死亡によって一定の効果を発生させることを目的とする相手方のない単独行為です。遺言書の書き方、遺言の方式は、民法の定める方式には3種類あります。

 

 

自筆証書遺言は、遺言を自分で作成(全文・日付・氏名)を自分で書き、押印します。

 

 

公正証書遺言は、遺言書の紛失や変造の防止が趣旨で、証人2人以上の立ち合いの下、公証人に遺言の趣旨を原則として口伝します。

 

 

秘密証書遺言は、生前は内容を秘密にしておきたい場に利用します。公証人1人および証人2人以上の前に封書を提出して、自分の遺言書であることを申述します。

 

 

遺言による財産の無償譲与を遺贈といいます。

 

 

包括遺贈とは、遺産の全部または一定の割合額を譲ります。包括受遺者は、相続人と同一の権利義務を有するものとされます。

 

 

特定遺贈とは、具体的な財産を目的とすることです。特段の事情がない限り、遺産分割方法の指定であり、被相続人(遺言の効力の生じたとき)に直ちに遺産が相続人に相続より承継されます。

 

 

遺言の中に指定されている者を受遺者といいます。受遺者は遺言者の死亡の時に生存していなければいけません。その遺言者の死亡以前に受贈者が死亡している場合には、効力は生じません。

受遺者は放棄をする自由を有しているので、承認、放棄を選ぶことを自分自身の意志で決めることができます。